思いつきで色々語ってみるかも?


by hiro_purism

筋肉注射ってホントに筋肉に射たなきゃいけないのね?

というわけで、今風邪っぴき中なんで、個人的にはとてもタイムリーな感じで。
尻に射つ筋肉注射って針の長さで効果減だそうですな。

オイラの場合、筋肉注射というと、ほとんどは肩に射たれた記憶しかないんだけれども、1回だけ尻に射たれたような微かな記憶があるわけで。
記憶は微かなんだけれども、「尻の筋肉注射は痛い」と妙にリアルに認識しているので、きっとよほど痛かったに違いないはず(汗)

しかも、その痛い注射が、ちゃんと筋肉まで届いていなかったら血管から吸収されず、結局効かないなんて、踏んだり蹴ったりなんだそうで、アメリカでは尻の脂肪の厚さで届いていない人が結構たくさんいるそうな。

しかも、脂肪内に射たれた尻の筋肉注射、その薬液が脂肪細胞で吸収されてしまうと、下手したら炎症を起こすこともあるとか。。。
踏んだり蹴ったり殴ったりぐらいな勢いで不幸ですな。

ってことは、これまでも尻に筋肉注射を射たれて、実は尻の脂肪で薬液を吸収してるから全然効いてないのに、効いたような気がして病気が治っちゃったなんて人、いるんじゃないだろか?
尻の脂肪の厚さに自信のある人、心当たりはないっすか?(笑)

というわけで、ここ20年ぐらいは風邪こじらせて苦しい時に「注射で楽にしてくれ」と医者に頼んでもなかなか射ってくれなかった注射、まーおそらくこれからも射たれる機会は少ないんだろうなー。
ましてや、尻の筋肉注射なんて、きっとないんだろうなー。
って、射ってほしいわけでは決してないんだけど。。。(汗)

今度、尻に筋肉注射を射たれる時には、「筋肉に届くまでズッポリとお願いします!」とお願いしましょうね♪

という風邪っぴきなオイラは楽天日記なんてものも書いてたりします。
よかったら見てみてね。
[PR]
by hiro_purism | 2005-11-30 20:22 | ちょっと書いてみただけ