思いつきで色々語ってみるかも?


by hiro_purism

受け取った側の気持ちを考えなきゃね。。。

服装にうるさいのは日本だけだと勝手に思い込んでいたオイラは、オーストラリアの銀行、従業員に服装指導した挙句に謝罪したとかいうのを見て、ほんのちょっとだけビックリしてみたわけです。

それも南半球のオーストラリアですからね、銀行とはいえ。
つーか、オーストラリアも寒いところあるから、日本的な文化があるんですかね?
まったくもって純和風なオイラにはよくわからないわけですが。

ま、そんな文化の話はどーでも良いんですが、とりあえず、従業員の服装で、下着の色だとか、イヤリングのサイズだとか、指輪の数だとか、主に女性だけを対象にした指導ってのもどーかと思ったりしまして。
かつ、ある意味、どーでも良いような内容の指導じゃん、と思ったりしまして。

で、指導しておいて、「ただのガイドラインですから」って何じゃそれは?って感じですね。
オイラがそこの従業員なら、何故、そのガイドラインを出したのか?
そのガイドラインを出したら、どういう反応があるか考えたのか?
指導しておきながらガイドラインだなんて言い逃れをするのは何故か?
徹底的に問い詰めたいですな。

オイラは、もともと服装が仕事してくれるわけではないと言い続けて(そういう業種だったんだけど)、会社にもジーンズで通っていたクチですので、わけのわからない、特にポリシーのない規制というものにはとっても厳しく対応してしまうわけです(笑)
まー、世の中契約社会ですから、そういうことが理解できない硬直化した脳みその持ち主と接点を持たざるを得ない状況になれば、仕方なく合わせる場合もあるところが、適当にゆるい性格のオイラらしいところなわけですが。

今回のニュースに出ていた服装規制は、まったく何のポリシーも感じられないし、まったくそんなポリシーのない指導をされた側の気持ちを考えたとも思えないし、ホント最低な話ですわ。

どうして、「お客様が快適に銀行を利用するために、控えめな服装で対応していきましょう。そりはこの銀行のブランドを維持する上で不可欠なんです!」ぐらいなことが言えなかったんでしょうかね?

オイラがこの会社の偉い人なら、この服装指導をした人をかなり厳しく指導しちゃいますね。

てか、よく読んだら、謝罪してるの経営陣の1人だったよ。。。トホホ。。。

オイラ、この銀行には金預けないっす(笑)
[PR]
by hiro_purism | 2005-12-06 16:42 | ちょっと書いてみただけ